@peccul is peccu

(love peccu '(emacs lisp cat outdoor bicycle mac linux coffee))

gitに新しいサブコマンドが追加された (ブランチ切り替え: switch, ファイルを戻す: restore)

gitに新しい2つのコマンドgit checkoutでできることが多いため機能を分離ブランチ切り替えgit switch(git checkout) ブランチ作成と切り替えgit switch -c (git checkout -b)ファイルのリストアgit restore --source master main.c(git checkout master -- m…

tmuxでGoogle翻訳の日英、英日を左右にまとめて開く

translate-shellを使ってGoogle翻訳で英語を勉強中。 github.com

gitとdockerをWindowsで使う時に気をつけること。特に改行コード

環境の差異をDockerで解決できる。と喜んだのもつかの間。 macやLinux前提で進めているとやっぱりハマった。 TL;DR Windows 10でもHomeエディションだとHyper-Vが利用できない VirtualBox利用のDocker Toolboxとなり、volumeの記述がそのまま使えない 環境変…

閾値の違いによる齟齬

ある人にとってある事象の閾値が10だった時、私が80から20に変化させた時 私にとっては大きな変化だが、その人にとっては何も変わっていないように見える 逆もまた然り。

docker-composeで動く時のユーザをホストのユーザにする

docker-compose.ymlにuserを追加して、その変数をコマンドで渡す。 services: app: user: ${CURRENT_UID} CURRENT_UID=$(id -u):$(id -g) docker-compose ... medium.com

idが指定されている要素にそこへのリンクを併記するブックマークレット

id属性が指定されているタグに、そのタグまで飛べるリンクを表示するブックマークレットを雑に書いた。 ページ内の特定の場所を共有したいときに便利。

ES2019の実装QuickJSを試せるDockerイメージを作った

QuickJSというES2019の実装が出てきたと見かけたので Dockerで使えるようにしてみた。 bellard.org alpineイメージでMulti stageビルドして、qjsなど成果物だけを設置したalpineイメージになっている。 Docker hub上では15MBほど、ローカルで確認すると40MB…

fzf便利

fzf: fuzzy finder 使い方を忘れる。プレビュー付きで絞り込み検索できるの素敵。 GitHub https://github.com/junegunn/fzf 紹介/設定例の記事 https://bluz71.github.io/2018/11/26/fuzzy-finding-in-bash-with-fzf.html C-t ファイルを探す。プレビュー付…

Emacs-TDDを導入する

最近Jestを使ってTDDぽく開発し始めてみた。 emacsからもテストが通ったかどうか確認しやすいように設定した。

JestのtoBeThrowは関数で確かめる

タイトルの通りですが。 関数呼び出しの前に () =>をつけましょう。

ES6で動的に親クラスを指定する

引数に応じて親クラスを切り替えたいことがあって調べて、Dynamic super classes (extends) in ES6 – MikeDoesWeb が出てきたので試した。 おそらく私はmix-inみたいなことをしたかったのだと思う。 サンプルコードとそれのテスト(使い方の例になると思う)は…

git remoteにssh接続するときに秘密鍵を指定する

ssh接続するコマンドを環境変数に指定すればよい。 GIT_SSH_COMMAND="ssh -i /path/to/id_rsa-for-remote -F /dev/null" git ... ... の部分は clone なり push origin branch なりgitサブコマンドを指定する。

bm.elからbm-saveがなくなっていたので作成

対応する関数を束ねた関数を作って対応した。 (defun bm-save () (bm-buffer-save-all) (bm-repository-save))

flatmap-streamの話の整理

この記事を読んだメモ qiita.com 対処としてはflatmap-streamに依存しているパッケージはそれを消すか更新しましょう。ということらしい。 以下のコマンドで利用しているか確認できるとのこと。 npm ls flatmap-stream

見ているページをTwitterにつぶやくブックマークレット

macのSafariのバージョンが12?になってShareメニューから呟けなくなったのが不便。 ブックマークレットにした。 ↓これをブックバークバーにドラッグしていただければ。 Tweet

string-to-intをstring-to-numberに

.emacs.dを整理していて、古いパッケージが残っていたりするとstring-to-intがないと怒られた。 雑に (defalias 'string-to-int #'string-to-number) を追加して回避。

iOS 12のSafari用にARオブジェクトをプレビュー(Quick Look)する仕組みのサンプルを作ってみた

iOS 12のSafariではARオブジェクト (usd フォーマット?)をプレビューすることができる。 aタグでusdzファイルを指定して、その中にimgタグがあれば勝手にプレビュー機能が有効になる。 デモ : AR Quick Look Example

Emacsでdockerがいろいろ便利だった

とりあえずdocker, dockerfile-mode, docker-compose-mode, docker-trampの4つをインストールした。 どれもlist-packagesでマーク(iキー)して、インストール(xキー)できた。 なぜ今までこれらを探して使おうとしていなかったのか。。。

gitコマンドでGitHubにアクセスするユーザーを切り替える

user.name ではなく、 credential.username を設定しておけばGitHubに接続する時のユーザー名を指定できる。 git config credential.username peccu

dockerでhtop使っていたらログが肥大化していた

htop使うのにインストールするの面倒だなと思ってそのバイナリが入っているコンテナを探して使っていた。 tmuxで起動しっぱなしにしていたらコンテナのログファイルが14GBとか巨大化していた。 起動時にログファイルのサイズを指定して回避した。 docker run…

週番号と年を使うと1週目がずれた

moment.jsで日付周りの処理を書いていて、1週目の挙動がおかしかった。 年の指定をYYYYからggggに変更すれば期待した挙動になった。

YaraScanServiceが暴れている

macOS High Sierraを10.13.6 (17G65)にアップデートしてから再起動すると YaraScanServiceが暴れている。

TimeMachineのようにバックアップファイルを残す仕組みが欲しい

バックアップファイルのローテーションというか、保持方針をTimeMachineのようにしたい。 この部分。 Hourly backups for the past 24 hours Dayly backups for the past month weekly backups for all previous month

rg(ripgrep)とlessを繋いだ関数

毎回オプションを忘れるので関数にまとめた。

妄想:WebページのショートカットキーをEmacsみたく記述できたら便利そう

ふとショートカットキーと関数の組み合わせをEmacs風に定義できたら便利じゃないかと思い始めた。 コードは書いていない。

Docker for macが確保するメモリ量を変更する

GUIだと下限が1GBで、もっと減らしたかった。 設定ファイルを直接編集すると変更できる。 ~/Library/Group\ Containers/group.com.docker/settings.json

accesskeyを表示するブックマークレット

javascript:(function(){alert('M-C-[key]');var styleElem=document.head.appendChild(document.createElement('style'));styleElem.innerHTML='a[accesskey]:after,button[accesskey]:after,input[accesskey]:after,label[accesskey]:after,legend[accessk…

圧縮率の高いらしい7zipを使ってみる

Unix系ではp7zipというパッケージにポートされているとのこと。 # install brew install p7zip # archive 7z a archive.7z archive/ # or shorthand 7z a archive{.7z,} # extract 7z e archive.7z

フェッチ済みリモートのすべてのブランチを別のリモートにプッシュする

アクセスできないリモートリポジトリをクローンしたディレクトリを受領し、アクセスできるリポジトリにミラーリングするような状況。

postgresのDockerコンテナでソート順をバイトオーダーにする

postgresでvarcharのソート順が文字列ソートじゃなくて数値ソートみたいになっていた。 collate "C" をorder句に追加すればバイトオーダーでソートしてくれ、意図した順にソートされた。 postgres=# select name from test order by name; name ------ あ い…